メニュー

入れ歯(総義歯・部分義歯)

入れ歯は痛いし、噛めないと感じられている方が多くいらっしゃると思います。かといってインプラントは怖いのでやりたくない。

当院はそういった方々に向け精度の高い、噛みやすい義歯を製作することに尽力しています。

部分入れ歯の場合、精密な形をとり、一人ひとりの口腔内状態に合わせ脱着方向を決めた上でクラスプ(入れ歯のバネ)を材質からスクラプ形態すべてオーダーメイドにて製作します。

入れ歯につける人工歯も材質、形態、大きさ、色を考慮し取り付けています。

また、入れ歯のバネが見えるのが嫌な方にはノンスクラプデンチャー(バネのない入れ歯)も製作することができます。

総義歯の場合、一般的なレジン床(プラスチックのような材質)から金属床(チタン、コバルトクロムなど)まで取り揃えておりますので、ご希望の材料にて製作いたします。 

入れ歯・ブリッジ・インプラントの違いについて

  入れ歯ブリッジインプラント
イメージ  入れ歯 ブリッジ インプラント
 特徴 歯の両側に
ワイヤーがあります

(部分入れ歯)
抜けた歯の両隣を削り、
かぶせて固定します
歯を植え込みます
メリット
  • 比較的安価で導入しやすい
  • 入れ歯に比べて見た目の違和感が少ない
  • 歯を植え込むので、自分の歯で噛んでいる感覚に近い
  • 周囲の歯を削る必要がない
デメリット
  • 他の施術に比べて口の中の違和感が大きい
  • 外観で分かってしまうことがある
  • しゃべりづらくなる場合がある
  • 健康な歯を削る場合がある
  • 固定式なので、不衛生になる場合がある
  • 手術が必要
  • 疾患を抱えている場合に受けられないことがある

それぞれに違ったメリットがありますので、ご相談しながら、どれを導入すればよいのか検討いたします。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME